歯周病治療|武蔵境のさかいばし歯科|武蔵野市関前 小児歯科

歯周病治療

駐車場有 車椅子OK 武蔵野市成人歯科健診 武蔵境駅北口 バス停「境橋」そば 五日市街道沿い 0422-50-0506

歯周病治療

歯周病について

歯周病は、歯肉炎と歯周炎の総称で、歯と歯茎の間に細菌が繁殖することによって起こる炎症性疾患です。
歯磨きが不十分なために歯と歯肉の間に細菌が棲みついてプラークが溜まると、そこに炎症が生じます。これが歯周病の始まりです。初期には自覚症状がほとんどありませんが、次第に赤みや腫れ、出血、排膿、口臭など、様々な症状が起こり始めます。
さらに症状が悪化すると、歯の周囲の歯茎や、歯を支えている骨が破壊されてぐらつき、歯を失うことになってしまいます。歯周病は、一番の歯の喪失原因です。

こんな症状は早めにご相談ください(例)

  • 朝起きた時などに口の中がネバネバする
  • 歯と歯の間の「すき間」が広がってきた
  • 歯茎の色が赤や紫色に変化した
  • 揺れている歯がある
  • 歯ぎしりをする
  • 口内炎が生じやすい
  • 冷たいものを含むとしみる
  • 歯磨きをした時に歯茎から血が出る
  • 歯茎が腫れたり、膿が出たりする
  • 歯茎が下がり、歯が長くなったように見える
  • 歯茎がむず痒い
  • 口臭が気になる
  • 硬いものを噛むと痛む

当院での歯周病治療

歯周病の治療で大切なことは、歯科医院で下記のようなメンテナンス処置を受けること(プロケア)、および毎日の正しいブラッシング(セルフケア)です。セルフケアでは、歯と歯茎のすき間(歯周ポケット)をよくケアするように意識しましょう。

スケーリング

スケーリングとは、歯石を除去することです。歯周ポケットの中に隠れている歯石を、スケーラー(歯石を除去するための専用器具)を使って取り除きます。歯石の中にはたくさんの細菌が棲んでおり、そのままにしておくと、細菌が歯周組織を破壊してしまいます。そのため歯周病の原因であるポケット内の歯石を取り除くことが、歯周病の予防と治療には欠かせないのです。

ルートプレーニング

ルートプレーニングとは、歯周ポケットの奥深い部分に入り込んだ歯石をスケーラーで除去し、また細菌に感染した歯質をきれいに取り去る治療のことです。歯周ポケットが深いと、歯肉の下に歯石が付着してしまいます。また、歯根には細菌が出す“毒素”が根面に浸透していきます。そうした歯石や細菌を除去し、根面の汚染物質を取り除く処置がルートプレーニングです。ルートプレーニングは、ポケットの奥深くまでスケーラーを挿入するため、通常は局所麻酔をした上で行います。

フラップ手術(歯周外科治療)

フラップ手術とは、上記のルートプレーニングでは取り切れなかった、さらに深い部分の汚れや、歯垢・歯石を取り除く処置です。ルートプレーニングと異なるのは、歯肉に「切開」を加える点です。切開により、歯肉の深い部分を直接目で見ることが可能になり、歯根の表面まできれいにすることができます。